施設の種類
高齢者向け住宅
高齢者向け住宅は高齢者のための住居で、サービス付き高齢者向け住宅や有料老人ホームがあります。
有料老人ホームは
  • 入浴、排せつ又は食事の介護
  • 食事の提供
  • 洗濯、掃除等の家事
  • 健康管理
のいずれかをする事業を行う施設で、サービス付き高齢者向け住宅は、状況把握サービス、生活相談サービス等の福祉サービスを提供する住宅です。
ともに利用できる介護保険として
  • 特定施設入居者生活介護
  • 訪問介護、通所介護等の居宅サービス があります。
【施設の種類】
サービス付き高齢者向け住宅
介護付有料老人ホーム
住宅型有料老人ホーム
健康型有料老人ホーム
  • サービス付き高齢者住宅

サービス付き高齢者向け住宅とは

サービス付き高齢者向け住宅は、高齢者向けのバリアフリー対応の賃貸住宅です。
主に日常の生活面で自立されている方(介護認定を受けていない方)や比較的軽い介護を必要とされる高齢者が入居しています。生活相談員が常駐し、入居者の安否確認やいろいろな生活の支援サービスが受けられます。
サービス付き高齢者向け住宅は、主に民間の事業者などによって運営されていますが、形態は都道府県単位で認可・登録された賃貸住宅です。
サービス付き高齢者向け住宅は、一般の賃貸住宅、マンションなどに比べ高齢者が生活しやすく、また入居しやすくなっています。賃貸で契約する施設も多く、多額の入居金を必要としないこともメリットです。
入居時に必要になる敷金は、一般的な賃貸住宅やマンションなどと同じで、原状回復などに要する金額を差し引いた上で退去時に返還されます。
入居する方にとってみれば、他の同じような介護施設と比較して選択肢が多いサービス付き高齢者向け住宅を選ぶことで、住み慣れた地域に住み続けやすくなるというメリットがあります。

入所基準

60歳以上の高齢者または要介護・要支援の方が入所の基本条件です。
そのほか、
  • 自身で身の回りの管理ができる
  • 認知症患者ではない など
施設によって多少異なります。詳細は各施設にお問い合わせください。

サービス内容

サービス付き高齢者向け住宅では「安否確認」と「生活相談」などの提供サービスが行われています。
特定施設入居者生活介護の指定を受けている施設では、食事・掃除・洗濯のサポート、入浴・食事・排泄などの介護、機能訓練指導員によるリハビリテーションなど、介護付有料老人ホームとほぼ同じサービスが行われています。

入所方法

サービス付き高齢者向け住宅への入居の申し込みは、各施設に直接行ってください。
一般的な不動産契約と同じように、連帯保証人が必要な場合もあります。

ページの先頭へ戻る