ショートステイ(短期入所生活介護)
  • ショートステイ(短期入所生活介護)

ショートステイ(短期入所生活介護)とは

ショートステイ(短期入所生活介護)は、利用者ができるだけご自宅での自立した日常生活を送ることができるよう援助を行います。ご自宅にこもりがちな利用者の方の孤独感や孤立感をなくし、利用者の心身機能の維持・回復だけでなく、日頃介護をされているご家族の負担を少しでも軽くすることなども目的としています。
特別養護老人ホームのように長期間ではなく、常に介護が必要な方に短期間(30日以内)だけ入所していただき、食事や入浴、その他日常生活の支援や、機能訓練などを提供します。短期入所生活介護とも言われ、短期間入所し、日常生活の世話やレクリエーション、リハビリテーションなどが受けられます。
またご自宅で介護をされているご家族の冠婚葬祭やご旅行、日常の介護疲れを防ぐためにもご利用いただくことができます。

入所基準

要支援1以上、要介護1以上。対象者は以下のような方です。
  • 利用者の心身の状況や病状が悪い場合
  • ご家族(介護者)の疾病、冠婚葬祭、出張
  • ご家族(介護者)の身体的・精神的負担の軽減 など
ただし、連続して利用できる期間は30日以内です。連続して30日を超えて利用する場合は、31日目から利用料金がご利用者の全額自己負担(10割負担)になります。

サービス内容

原則として短期間(数日間)介護を依頼できるサービスです
  • 利用者の心身の状況や病状が悪い場合
  • ご家族(介護者)の疾病、冠婚葬祭、出張
  • ご家族(介護者)の身体的・精神的負担の軽減 など
ショートステイは、短期入所生活介護と短期入所療養介護の2つに大きく分けられます。それぞれの特徴は次の通りです。
  • 短期入所生活介護:
    日常的な生活のお世話や機能訓練、その他レクリエーションなども受けられます。基本的に、医療的なサービスを受けることはできません。
  • 短期入所療養介護:
    日常的な生活のお世話のほか、看護やリハビリテーションといった医療的なサービスも受けられます。

入所方法

ショートステイをご利用いただくには介護認定を受けている必要があります。
ご希望の施設に直接お申し込みください。

ページの先頭へ戻る