養護老人ホーム-施設の種類
施設の種類
養護老人ホーム
養護老人ホームは、住宅事情や経済的な理由により、ご自宅で養護されることがむずかしい65歳以上の高齢者が入居できる福祉施設です。
また要介護者が入所する施設ではないため、介護保険の適用はありません。
入所者の日常生活の場として、食事や入浴など日常生活の援助のほか、生活の質向上のための文化教室やレクリエーション行事などがおこなわれています。
利用料は入居者の収入に応じて決められ、入居前に生計を共にしていたご家族がいた場合には、ご家族にも費用の負担がかかります。
養護老人ホームでは明るく家庭的な雰囲気で、地域や家庭との結び付きを重視した運営が行われています。
  • 養護老人ホーム

養護老人ホームとは

養護老人ホームは、心身に障害があり、ご自分では日常生活を送ることがむずかしく、ご自宅でのお世話をしてくれる人がいない、ご家族との同居が続けられず、本人の生活が困難な場合、また住むところがないか、棲むところがあっても生活環境が非常に悪い場合などです。
経済的には、ご本人の世帯が生活保護を受けている、生計中心者が市町村民税の所得割を課されていないなどに入居できる措置施設です。
さらに、養護老人ホームは
  • 65歳以上であること
  • 身の周りのことは自分でできること
  • 在宅での生活が困難であること
が入所の基準となります。
入院治療を必要とする場合や寝たきり、介護が必要な場合には入所できません。
また、特別養護老人ホームとは違って、介護保険施設ではなく、施設への入所は市町村の措置により行われます。

入所基準

介護を必要としない自立した65歳以上の高齢者の方で、以下の経済的な理由を持つ方が入所対象です。
  • 生活保護を受けている
  • 低所得などの原因によって自宅で生活ができない
上記の条件を満たしている方でも、「要介護1」以上の認定を受けている方は入居できません。

サービス内容

生活・食事などの基本的なサポートが基本です。
また、高齢者の生活の質の向上のため、レクリエーションや行事などを独自に実施し、地域との交流などを積極的に取り入れています。

入所方法

市町村の審査による、措置判断が必要です。
市町村の措置施設ですので直接施設に申し込まず、市町村の担当課へお申し込みください。

ページの先頭へ戻る