施設の種類
老人保健施設

老人保健施設は、介護が必要な高齢者の自立を支援し、ご家庭で生活ができるよう、ご家庭への復帰を目指し、医師による医学的な管理の下で、看護・介護といったケアを行います。

  • 作業療法士や理学療法士等によるリハビリテーション
  • 栄養管理・食事・入浴などの日常サービス

までを併せて提供する施設です。
ご利用者ひとりひとりの身体の状態や将来の目標に合わせたケアサービスを、医師をはじめとする専門スタッフが行い、夜間でも安心できる体制が整っています。
老人保健施設をご利用いただける方は、介護保険法による被保険者で、要介護認定を受けた方で、病状が安定し、入院治療を必要としない、要介護度1~5の方で、リハビリテーションを必要とされる方です。
老人保健施設は、いつも利用者様を主体に、質の高い介護サービスの提供を心がけ、地域に密着し、開かれた施設として、利用者様のニーズにきめ細かく応えられる施設です。
介護予防を含めた教育・啓発活動などの幅広い活動を通じ、在宅ケア支援の拠点となる事を目指して、利用者様・ご家族の皆様が、快適に自分らしい日常生活を送れるよう支援をしています。

  • 介護老人保健施設(老健)

介護老人保健施設(老健)とは

介護老人保健施設は医療法人や社会福祉法人などが運営する公的な施設です。
老人ホームと病院の中間的な役割を担い、比較的少ない費用で医療管理による看護や介護、回復期のリハビリテーションが受けられます。要介護認定を受けた方で、入院治療の必要がない要介護度1~5の方で、退院後ご自宅に戻られるまでの間、リハビリテーションを必要とされる方が入居できます。 介護老人保健施設では入居者100名に対して、常勤医師1名、看護職員9名、理学療法士、作業療法士または言語聴覚士1人などの人員基準が設けられています。
介護老人保健施設では、退院後ご家庭での生活復帰を目指すことが目的とされているため、医師も含めた専門スタッフで利用者に合わせたケアやサービスを計画し、医療行為も行われます。
介護老人保健施設は、ご家庭での自立した生活に戻ることが目標ですので、3か月ごとに、入所が必要かどうかの判定が行われます。利用者の症状が安定し、ある程度日常生活を自立して行うことができるようになれば、退所し生活の場はご自宅へと戻ります。

入所基準

要介護度1以上の65歳以上の高齢者が基本条件です。
その他「病状が安定している」「入院治療の必要がない」などが入所基準です。
40歳以上65歳未満の方でも、「特定疾病(認知症や関節リウマチ、脊柱管狭窄症、筋委縮性側索硬化症、早老症、脳血管疾患、癌、慢性閉塞性肺疾患など)」に認定された場合は、入所基準を満たしているとみなされます。

サービス内容

介護老人保健施設では、入浴・食事・排泄などの身体介護、医師や看護師による医療処置、理学療法士、作業療法士などによる回復期のリハビリテーションなどのサービスなど、身体の機能回復を図るためのサービスが中心に提供されます。
一般的な生活援助サービス(掃除、洗濯、買い物やレクリエーション)はあまり提供されません。

入所方法

入所を希望する施設に直接申し込みます。
申込時には施設利用申込書、健康診断書、健康保険証、身体障害者手帳などの書類が必要です。医療機関から移る場合は、医師の紹介状や看護サマリーなども必要です。

ページの先頭へ戻る