軽費老人ホーム
  • 軽費老人ホーム

軽費老人ホームとは

軽費老人ホームは社会福祉法人や市町村などの地方自治体などが運営している福祉施設です。
利用者ができるだけ自立した日常生活を送ることができるよう、食事や入浴などの日常生活上の支援や、機能訓練などを提供します。自治体からの補助があるため、有料老人ホームなどよりも低い利用料でサービスが利用できます。
身寄りがない、家庭環境や経済状況などの理由により、ご家族と同居することが難しい高齢者が暮らす軽費老人ホームには、
  • A型:食事を提供する
  • B型:食事を提供しない
  • C型:60歳以上の高齢者が、食事や洗濯などの介護サービスを受けられる施設で、ケアハウスとも呼ばれます。
があります。

入所基準

原則60歳以上の高齢者または夫婦のどちらか一方が60歳以上、自立して生活が送れるという基本条件のほか、「共同生活に適応できる」「月収が34万円まで」などです。

サービス内容

軽費老人ホームは介護職員による見守りのほか、A型では食事の提供などがサービスとして行われています。
自立して生活が送れることが基本条件ですので、食事や排泄の介助といった介護サービスは基本的には行われず、見守りや外出時のサポートなどの生活援助がサービスの中心です。
一部の施設では、一般的な介護などのサービスを受けることもできます。

入所方法

各施設に直接お申し込みください。
必要書類を提出後面談を行い、その結果を施設スタッフなどが、総合的に判断して、入居が決定されます。

ページの先頭へ戻る