施設の種類
特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは介護保険サービスで利用できる公的な施設で、

  • 介護施設としての「特別養護老人ホーム(特養)」
  • 退院後リハビリテーションが必要な方が入所する「介護老人保健施設(老健)」
  • 長期間入院して療養する「介護療養型医療施設(療養病床)」
の3種類があります。
いずれの施設も要介護の認定を受けた人が対象で、入所時に必要な費用はなく、介護にかかる費用に居住費や食費を加えても、月額費用は総じて割安になっています。
【施設の種類】
 特別養護老人ホーム(特養)
 介護老人保健施設(老健)
 介護療養型医療施設(療養病床)

  • 特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)

特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)とは

寝たきり状態が続いている、認知を発症しているなど、常に介護が必要な方が、比較的少ない費用で長期間入所できる施設です。社会福祉法人や市町村などの地方自治体などにより運営されている公的な介護施設です。
特別養護老人ホームでは入所者ができるだけ在宅で生活できることを目ざし、常に重度の介護を必要とされる方の入所を受け入れています。入浴介助や食事介助など、日常生活の支援や、機能訓練、療養上のお世話などのサービスを提供します。
入所された方の多くは特別養護老人ホームで残りの余生を安心して過ごします。(この点が老人保健施設との大きな違いです。)
特別養護老人ホームは入所されている方の意思や人格を尊重し、常に入所者の立場に立ったサービスを提供しています。

入所基準

原則として、要介護3以上の方のみが入所できますが、特例として要介護1や要介護2の方でも、やむを得ない事情により、特別養護老人ホーム以外での生活が困難な方については、入所が認められています。
また65歳以上の方で、要介護の認定を受けていて、現在寝たきり状態の方や認知症を発症している方などで、比較的症状の重い方で常に介護を必要とされる方、または入所の緊急性が高い方が優先されます。

サービス内容

特別養護老人ホームでは
  • 介護職員や看護職員による入浴・食事・排泄の介護
  • 機能訓練指導員や生活相談員による機能訓練、カウンセリング
  • 介護職員による掃除や洗濯、買い物やレクリエーション
といった生活援助系のサービスが提供され、寝たきり状態の高齢者に安定した生活の場を提供するためのサービスが中心となっています。
なお、医療処置(胃ろうや気管切開への対応)、重度の認知症などへの対応は施設によって異なります。

入所方法

市町村で要介護認定を受けた上で、入所の申込みを直接施設に行い入所します。

ページの先頭へ戻る