徳島県社会福祉協議会トップページ


徳島県老人福祉施設協議会
〒770−0943
徳島県中昭和町1-2
徳島県立総合福祉センター3F
TEL.088-654-4461
FAX.088-654-9250

2016.07.05
平成28年度キャリア段位制度アセッサー第2期募集の御案内につい
2016.06.20
平成28年徳島県介護支援専門員実務者研修試験案内について
2016.06.20
高齢者虐待の防止の徹底について
2016.06.16
NHK介護百人一首2017の募集について
2016.06.07
心豊かに歌う全国ふれあい短歌大会について
2016.06.07
NHK障害福祉賞の作文募集及びNHKハート展について



少子高齢・人口減少、財政難、そして経済停滞の日本を2011年春、未曾有の大災害が襲いました。国を挙げて「日本復興」「日本人復興」に立ち向かっていかねばならず、平成23年という年は社会保障制度にとっても大きな分水嶺となるでしょう。 平成24年度は6年に一度の診療報酬・介護報酬の同時改訂の年です。社会保障と税の一体改革の議論も進められており、厚労省は社会保障制度改革の方向性と具体策を示す中で、国民のニーズを無視し、「地域包括ケア」推進=施設整備を抑制した在宅シフト偏重=特養解体路線の最終章を描いています。 特養が、社会福祉法人が、輝いて生き残っていくためには、措置型と決別し、科学的先進介護(認知症ケア、リハビリ、口腔ケア、看取り介護)を武器として、高品質サービスを標準化することが急がれます。また、自施設での医療の構築に道筋をつけるなど、社会福祉法人としての自らの進むべき道を決定しなければならないでしょう。そのためには高品質介護を担う人材と、経営戦略の構築と実行を担保する人材の育成が急務です。施設完結型サービスを確立し、大震災の被災地で示されたように、地域の安心の拠点としての特養を守っていかねばなりません。 報酬改定に向け、介護職員処遇改善交付金の行方など、介護給付費を巡る議論も本格化しています。内なる闘いとあわせて、制度として生き残っていくための外なる闘いをさらに強化していきたいと存じます。ますますのご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。
 今後とも、ご支援・ご協力の程よろしくお願いいたします。
徳島県老人福祉施設協議会